<< 「選挙結果から何を学ぶか」――議員研修会で総括と議論を行っています | main | 戸塚駅西口の文化施設について整備基本構想がまもなくまとまります >>
横浜市交通局で「職務乗車証(無料パス)」の不正使用が発覚 !
 市営バス職員が相次ぎ多額の売上金窃盗に関わっていた事件については、既報の通りですが、今度は「職務乗車証(無料パス)」を、横浜交通労組の本部執行委員ら56人が、職務以外の目的で不正使用していたことが21日、明らかになりました。今年7月に、交通局職員を名乗る男性から市に通報があり、調査・点検の結果、事実だったとして公表されたものです。
 「職務乗車証」は、交通局発足以来、交通局職員の身分証明書兼無料乗車券として、全職員に交付していたものですが、平成16年、使用規程を全面改正して「職務および通勤」において使用することになりました。これが17年には、市民からの「私的利用は制限すべき」との指摘を受け、市営バス・地下鉄を通勤で利用する職員には定期券代わりとし、通勤で利用しない職員には職務上使用の都度、交付する方式に変更していました。
 今回の調査では、ー家用車での通勤を届け通勤手当をもらっている者が、車を使わない通勤日にパスを使用した。 ⊇伉ヅで交付した後、回収しなかった A塙臉貊承畤者に通年で交付した だ貊承擔γ罎任覆に槁執行委員に通年で交付、など、不適切な使用・管理は9事例で985件にも上っています。交通局は通常の不正乗車が発覚した場合、市営バス利用で2倍、市営地下鉄では3倍の罰金を科していますが、これに準じた返還金を関係者から求めるとしています。また同日、12人について監督責任等を問い戒告の懲戒処分がくだされています。
 今後の対応としては、今年9月30日をもって、職務乗車証制度は廃止されることになります。なお、横浜市会議員に交付されていた無料パスに関しては、平成9年に返上を決定し、10年以降パスを受け取っていません。

 
| ootaki-masao | アクションレポート | 14:43 | comments(0) | - |









横浜市会議員大滝まさおのブログ

大滝まさおBlog

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

このページの先頭へ