<< 子どもの虹情報研修センターの 「公開講座」 に感動しとても有益でした | main | 横浜インドセンター協議会のワーキンググループ会議が開かれました >>
「目に見えない資産」を大事にする経営
●ヨコハマ機工および創業者の印象は――
<YKG広場(横浜機工グループ機関紙) 第17号> 
 ヨコハマ機工創立40周年記念『感謝の集い』開催記念号に寄せて

「感謝の集い」にお招きいただき、社員の皆さまの家族的でいきとどいたホスピタリティに、いたく感動したしました。同時に一人ひとりの表情から窺うことができた緊張感にも、私は心地よさと安心をも感じさせてもらいました。「ヨコハマ機工は、こうした人々が力を合わせていれば大丈夫」と。
 半ば冗談のような(いつものことですが)ユニークな挨拶をしていた創業者・吉岡璋最高顧問を壇上に仰ぎ見ながら、私は吉岡さんが『YKG広場 16号』で書いておられた『目に見えない資産を活かす』を思い起こしていました。たしか「”人をいかに活かすか”を、トップばかりではなく、社員一人ひとりがそれぞれの立場で考えることが重要―。これこそがヨコハマ機工の競争力の源泉であり、発展の原動力になる」というものでした。創業者であり同社を40年間にわたって経営してきた吉岡さんが、自ら貫いた信念そのものを述べた言葉だったように感じられます。
 何ごとも想像を超えた厳しい時代。”人を大事にする”ことをきちんと実践できる企業こそが、伸び続けていける資格をもった企業といえるのでしょう。社業のご繁栄と社会へのますますの貢献を、私は強く信じています。 
| ootaki-masao | 論文・投稿記事等 | 12:11 | comments(0) | - |









横浜市会議員大滝まさおのブログ

大滝まさおBlog

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

このページの先頭へ