<< ヒブ・小児用肺炎球菌ワクチン接種で死亡例が出ました | main | 横浜市教育委員会表彰の式典であいさつしました >>
横浜マイスター記念祝賀会がマリンタワーホールで行われ大勢の関係者らが集いました / 韓国映画の上映会・舞台挨拶を参観しました

 『横浜マイスター』 に認定されている人のうち、平成22年度において国・市から表彰を受けられた人、並びに特に顕著な業績を記した方、4人に対する記念祝賀会が6日、横浜マリンタワーホールで行われ、 『横浜マイスター友の会』 のメンバーをはじめ、技能文化振興に日頃から尽力されている大勢の市民・企業関係者、行政関係者等が集いました。
 4人のマイスターは、横浜文化賞を受賞された 宮崎輝生さん。 黄綬褒章を受章された 鎌倉重治さん。 横浜開港記念会館 (国指定重要文化財の歴史的建造物) ステンドグラス修復を完成させた 平山健雄さん。 子ども技能体験教室2,500人受講を達成した 玉田正さん。 「これからも、将来の横浜を担う子どもたちのために、一生懸命に尽くしていきたい」 (平山さん) 等 と、受賞者・功績者の皆さんがお礼の言葉を述べていました。(宮崎さんと、平山さん=右=に囲まれて)

● 映画製作に関係した韓国企業の招待で6日、 『大韓民国1%』 を観ました。
 新宿の映画館で上映された 『大韓民国1%』 は、映画撮影終了後、完成を目前に病気で死去したチョ・ミョンナム監督になる話題の作品。 韓国の海兵隊訓練課程を首席で通過した女性副士官の物語で、軍事訓練において、彼女に与えられたミッションは最下位チームの復権。 北朝鮮との問題等を抱えた韓国の現状とも絡み合って、ストーリー自体は単純ですが興味をそそられていた映画でした。
 主役を演じた女性は、現在、日本大学芸術学部に在学中のイ・アイさん。映画終了後に舞台挨拶立った彼女は、流ちょうな日本語で 「日本で学び、こうして主役を演じた映画が、日本で上映されることに、誇りと感謝の気持ちでいっぱいです」 と、笑顔で応えていました。この日、イ・アイさんと共に舞台挨拶を行った出演者は、ソン・ビョンホさん、イム・ウォンヒさん、キム・ミンギさんら(写真)。 映画は、シネマート新宿等で 3月5日からロードショー上映されています。

| ootakimasao | アクションレポート | 13:44 | - | - |
横浜市会議員大滝まさおのブログ

大滝まさおBlog

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

このページの先頭へ