<< 大地震の支援に関する 公明党市議団の緊急要望に対する市からの回答概要です | main | 横浜市内での被災者受け入れ拡大に 知恵が絞られています >>
党市議団は第三次の緊急要望を 林市長に対し行いました。

 25日午後、公明党市議団は林市長あての緊急要望書を大場副市長に提出しました。
 14日及び18日の申し入れに次ぐ、第三次の緊急要望となるもので、原発事故に関し野菜や水道水への影響や、全国からの支援の高まり並びに復興支援策に関して、提言しています。
 放射性物質の検出による 「風評被害」 で、本市農業への影響が懸念されることから、農産物の安全性情報を的確に発信すること。及び水道水の安全性について測定値を迅速・明快に公表していくこと、などを求めています。 
 また、生命にかかわる医薬品が滞る懸念に対して、生産流通経路の確保策、迅速な輸入手続きを国に要請すること、並びに横浜サイエンスフロンティア等での取組・検討を要望しています。さらには、長期化が予想される復旧・復興支援について、担当の県や政令市を定めるなど、市民と共に支援に携われる仕組みづくりの検討など、全部で8項目の要望と提言を行っています。

| ootakimasao | アクションレポート | 21:40 | - | - |
横浜市会議員大滝まさおのブログ

大滝まさおBlog

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

このページの先頭へ