<< 神奈川県内で生産された農畜産物の放射線濃度は いずれも健康に影響を与えるものではありません | main | 「子ども手当」のつなぎ法案にわが党は反対しました >>
東日本大地震による横浜市の一時避難所の2施設に 図書コーナーが設けられました

 大地震及び原発事故により被災・避難され、横浜市の一時避難所に移動してこられた方々のために 「図書コーナー」 が設けられ、約 200冊の本が提供されました。今後も状況をみながら適時入れ替えも検討されています。
 設置されたのは、「たきがしら会館」 (磯子区) と 「神奈川県立武道館」 (港北区) で、図書は児童向けと一般向けがあり、子供用には、絵本、物語、室内遊びや工作、おりがみ、あやとりの遊び方、図鑑、紙芝居などが揃えられたほか、一般向けには、小説、ストレッチや運動の本、横浜・神奈川のガイド等で、大活字本も用意されました。施設内で自由に閲覧できるようになっていて、貸出しや返却等の手続きは不要。 このほかにも、市内に避難されている方への 「市立図書館」 利用登録も行っています。知人宅や避難所の方どなたも登録し、図書利用が可能です。

| ootakimasao | アクションレポート | 19:40 | - | - |
横浜市会議員大滝まさおのブログ

大滝まさおBlog

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

このページの先頭へ