<< 児童自立支援施設 「横浜市向陽学園」 内に小・中学校の分校が開校しました | main | 林横浜市長が仙台市を激励訪問しました / 戸塚区内の写真愛好家が集った展覧会が開かれました >>
被災地の小・中・高校生に安心して学校生活を提供してあげられる ホームステイ家庭の募集が行われています

 避難生活を余儀なくされている被災地の小・中・高校生に、安定した生活環境を提供するとともに、安心できる学校生活を送ってもらおうと、神奈川県県民局がいま、ホームスティボランティアを募集しています。
 被災地からのホームスティ希望者の受付がすでに始まっており、県内市町村の各教育委員会にも県教委から依頼が届けられています。  県域全体では現在までに1,000を超えるご家庭から、ボランティアの申し込みがあるとのことで、その善意の広がりに共感と感謝の声が高まっています。
 ホームステイボランティアの概要については、被災地の子どもを1学期以上受け入れていただける家庭。 受入れ家庭で子どもに必要な生活のスペース、寝具、生活用品、食事等はその家庭で提供していただくことになります。事務局に相談窓口の設置や、スタッフによる定期的なホームスティ先訪問などの、生活面のサポート体制が敷かれています。
 ホームスティ申込のFAXは、045−210−8831 です。

| ootakimasao | アクションレポート | 16:00 | - | - |
横浜市会議員大滝まさおのブログ

大滝まさおBlog

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

このページの先頭へ