<< 民間人校長及び行政職校長について 登用制度の検証とあり方に関する提言が行われました | main | 政権与党に対する厳しい審判が下った 統一選の前半戦 >>
東日本大震災から1か月 被害の全容はいまだに把握できていません / 統一選の前半戦で公明党は329議席を獲得しました

 東日本大震災が発災して今日で1か月。地震がおきた時刻には、全国各地で亡くなった方々に黙祷が捧げられました。死者・行方不明者は 26,0848人に上っていますが、いまだに被害の全容が把握しきれていない状況に、被災者や家族ならずとも、やりきれない気持ちがいっそう募ります。
 厳しい環境の中で、避難生活を余儀なくされている方は 約145,000人。岩手、宮城、福島の3県では被害状況を現在も調査中といいます。とりわけ、福島第一原発のある福島県では、その避難指示圏内の調査活動は一向にはかどっていません。 復興の道筋さえみえない中ですが、満開の桜が人々に奮起を促しているようにみえます。 『冬は必ず春となる』 と。

● 統一選の前半戦で 公明党は329人が当選しました
 10日に投開票が行われた統一地方選挙の前半戦において、わが党は41道府県議選と15の政令指定都市市議選に、合せて 331人を擁立して戦いましたが、道府県議選で 172人、政令市議選で 157人の、合計 329人が当選しました。
 惜敗した2人は、大阪府議選和泉市と横浜市議選金沢区の現職です。 初議席を獲得した選挙区は5。 8つの議会において議席増を果たしました。

| ootakimasao | アクションレポート | 15:27 | - | - |
横浜市会議員大滝まさおのブログ

大滝まさおBlog

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

このページの先頭へ