<< 東日本大震災被災者の求職活動を支援し 横浜市内企業の求人支援も行っています | main | PCの不具合で本ブログの更新ができませんでした まもなく新しい装いに変更する予定です >>
福島第一原発事故により20km圏内から避難してこられた2世帯の相談にあたりました
 南相馬市から横浜市戸塚区に居住している妹さんの元へ避難してこられた2世帯で、子どもさんの通学問題や、お年寄り(母親)の介護問題を抱えておられました。

 妹さんの近所に総合病院の社宅があり、確認したところ空室があることが判りました。私はその総合病院と話し合いをして、無料で借り受けることができました。子どもさんが通う小学校がすぐ近かったため、住居移転に伴う転校もなく、「引っ越してすぐに出来た友達とも別れずに済んだ」 と、大変に喜んでおられました。また戸塚区役所のケースワーカーが相談にのり、要介護4のお年寄りについても、訪問入浴などのデイサービスが可能となりました。戸塚区に避難した時には入院を余儀なくされた状況でしたが、いまは安定した在宅生活を送っておられます。

 原発事故による広範な問題は、連日の報道にも見られるように、いつ終息に向かうかも不明な中で、実に深刻な事態に陥っています。上記のご家族も、ご主人は勤務のため福島に残ったままです。家族が離ればなれになっている状況が、一日も早く解消されるよう、その日まで温かなサポートを続けたいと考えています。

| ootakimasao | アクションレポート | 21:20 | - | - |
横浜市会議員大滝まさおのブログ

大滝まさおBlog

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

このページの先頭へ