<< “ミスター クリエイティブシティ” の川口良一さんを偲ぶ会が開かれました | main | 日韓国際絵画交流展 (サロン・ド・プランタン) の開会初日に韓国側からの出席者はありませんでした >>
千葉・大多喜町のハーブガーデン・ホテルに ミズ・テツオ氏による壁画が完成しました

 詩人でもあり国際的に活躍している画家 ミズ・テツオ氏は、大多喜町にあるハーブガーデン内のホテルに大規模な壁画を完成させ、23日に披露会が催されました(写真上)。ミズさんは、隣の夷隅市にアトリエ兼自宅を構えていて、同ホテルにはたびたび訪れていたとのこと。
 吹き抜けになっているラウンジの二階部分の四隅に、フラッグがモチーフとなり “静” と “動” がイメージされた絵画が、その空間を引き締めています。またロビーから二階への階段部の壁面 (裏側も) にも、大画面でモチーフが繰り返され、あたかも、壮大かつ流麗なシンフォニーを聴いているような、居心地のよさを感じさせられました。
 ミズさんが手がけたものは壁画だけではなく、10室あるホテルの部屋のネーミングや、暖炉のあるバーでは絵皿や世界のギャラリーで開催されたミズさんの展覧会ポスターの掲示が。会議室の壁面にはフラッグの水彩画が掛けられました。 南仏プロバンス地方を彷彿とさせるといわれるハーブガーデン。 リニューアルに伴いホテルのルーム名には、ここで活躍したピカソやセザンヌといった画家の名前が新たに冠せられました。 披露会でミズさんは 「この建物ができた時に描いた、という感じを出すことに努めたが、その思いはよく出せたと思う」 と、自信作に目を細めていました。
   左は昨年10月のガーデンとホテル
 ホテル外観 (4月23日撮影)

| ootakimasao | アクションレポート | 14:07 | - | - |
横浜市会議員大滝まさおのブログ

大滝まさおBlog

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< March 2018 >>

このページの先頭へ