<< 今期で勇退する議員と林文子市長との昼食懇談会が開かれました | main | 気仙沼市に横浜市の医療チームが 宮城県には高齢者施設の介護職員が派遣されます >>
引退の市議17人 市長らと懇談

<神奈川新聞> 2011.4.29
平成23年4月29日付、22面

<報道概要> 29日で任期満了を迎え引退する横浜市会議員17人を対象にした、林市長らとの懇談会が28日、西区老松町の市長公舎で開かれた。
 懇談会には14人が出席。林市長は 「長きにわたる貢献に感謝いたします。二元代表制の下、最後のコールは市民の幸せと、対話と議論を繰り返してこられた」 とあいさつ。 8期32年務めた公明党の大滝正雄市議が代表で 「市民のお力添えで精いっぱいやってこられた。 (東日本大震災からの) 復興に向け、自治体の力がますます試される時代になっていく中で、横浜市の発展をいつまでも見続けていきたい」 と答えていた。 (写真入り)

* 横浜市は東日本大震災の影響で、責任職の人事異動を5月1日付としていました。29日には、新局 「文化観光局」 等に新局長らが配属。 「ピンチを希望につなげる強い意志をもった仕事を」 などと、林市長が 「23年度の市政運営にあたって」 とのメッセージを庁内アナウンスしました。1か月遅れの“年度末行事”が繰り広げられたことが、同紙に報道されています。

| ootakimasao | 報道された発言・活動 | 11:04 | - | - |
横浜市会議員大滝まさおのブログ

大滝まさおBlog

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

このページの先頭へ